目黒債務整理サポート室
[1]トップページ
[2]お役立ち情報
[3]当事務所の特徴
[4]債務整理サービス
[5]その他のサービス
[6]お客さまの声・実績
[7]よくあるご質問
[8]事務所紹介
[9]お問合せ・ご相談

メニュー:遺言
遺言とは-あなたのラストメッセージ

遺言とはあなたの最後の意志表示です。残された人たちにとって相続を「争族」というトラブルにしないためにも、遺言書の作成は有効です。

「相続とは」で述べたとおり、法定相続人というのは、時には大変広がって相続人が大勢になってしまう場合もあります。

亡くなられた方が、自分の財産を妻(あるいは夫)に全て残してあげたい、婚姻届を出していない内縁の妻に財産を残したい、身の回りの世話をしてくれた人に財産を分けてあげたい、などの自分の意思を伝えることができ、そしてその通りに手続きを進めることができるのです。

遺言書には大きく分けて三種類あります。

  1. 自筆遺言書

    遺言者が遺言の全文・日付・氏名を自署し、これに押印をします。

     自分でいつでも費用もかからず作成できます。

     但し、方式を間違えると無効になりやすく、紛失・改ざん・隠匿の恐れがあります。

  1. 公正証書遺言ーおススメ!

    遺言者が公証人に遺言の内容を口述し、公証人がこれを作成します。証人が2名以上必要です。

     隠匿や改ざんの心配がありません。

     但し、証人・手数料が必要。公証役場に出向く必要がありますが、公証人に出張してきてもらうことも可能です。

  1. 秘密証書遺言

    本人が遺言書を筆記・署名押印し、その証書を封印して公証人に提出し、一定の手続きの後、公証役場にて保管してもらいます。

     隠匿や改ざんの心配はありません。

     但し、2人以上の証人が必要で、公証役場に出向く必要があります。公証人が内容に関与しないので、内容に疑義が生じることもあります。

 

最も確実な遺言書を作成したい場合は、公正証書遺言です。また、遺言執行者の指定をしておくと、さらに確実に、遺言者の意思のとおりに財産を相続させることができます。

また、遺言書は何度でも書き直すことができます。(ただし、その度に費用はかかります)

まだ早い、と思っていても、今のご自分を見直すよい機会と思い、思い立ったときに、遺言をご準備されることをお勧めいたします。

 遺言執行者

 遺言執行者とは、遺言書の内容を具体的に実現する人を言います。遺言書に書かれている内容・趣旨にそって、相続人の代理人として楚族財産を管理し、名義変更などの手続きを行います。遺言書で指定される場合と、家庭裁判所により選任される場合があります。遺言執行者がいれば、相続人以外への遺贈や引渡し、登記などの執行がスムーズに行われ、また相続人同士の争いを緩和するとも期待できます。




▲上へ
目黒相続サポート室トップページ