目黒債務整理サポート室
[1]トップページ
[2]お役立ち情報
[3]当事務所の特徴
[4]債務整理サービス
[5]その他のサービス
[6]お客さまの声・実績
[7]よくあるご質問
[8]事務所紹介
[9]お問合せ・ご相談

[*]前へ  [#]次へ

個人再生手続き

個人民事再生とは

借金を大幅に減額して、原則3年間にわたって(無利息で)支払っていく、という裁判所での認可を得る手続きです。継続的に安定した収入があり、家計に余裕があること画条件にります。

自己破産との大きな違いはマイホームを残せる、借金はゼロになはならない、等があげられます。

(但し、住宅ローンは減額されません。)

また、債務の金額は5000万円以下(住宅ローンは除く)の場合のみになります。

当事務所では代理人にはなれませんが、申し立て書類の作成から、手続きのバックアップをさせていただいております。

個人民事再生と自己破産の比較

               自己破産             個人民事再生
借金は全額免除・返済の必要は無し 借金は大幅に減額・3年間にわたって返済する
収入要件は無し 継続的に安定した収入があること 
負債の金額に制限無し 負債の総額5000万円以下(住宅ローンは除く)
住宅・不動産など財産は処分される 住宅資金特別条項を利用すると自宅を保持できる
免責を受けるまで、就業できる仕事に制限がある※ 就業できる仕事に制限無し
ギャンブルによる債務の場合などは免責不許可の事由となる 免責不許可事由は無し

  ※仕事の制限:自己破産の申請から免責の許可を受けるまで、警備員や保険外交員の資格職業、士業(弁護士、司法書士、税理士など)の仕事、会社の役員などに就くことはできませんが、免責の許可がでれば復職できます。


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
目黒相続サポート室トップページ