法定相続とは

法定相続人とは法律で定められた、相続の権利を有する人です。具体的には配偶者と血縁の人たち(被相続人の子・直系尊属・兄弟姉妹)に大きく分けられます。

配偶者:婚姻関係にある夫婦の一方のこと。婚姻届のされていない、内縁の関係尾場合は配偶者とは認められず、相続人にはなれません。

:実子は、既に結婚していて、戸籍が別になっていいても相続権があります。父母が離婚した場合は、子は離婚した両親の双方の相続人になります。また養子も実施と同様に相続人になります。

直系尊属:父母、祖父母、曽祖父母などを指します。直系尊属が相続人になれるのは、被相続人(亡くなった方に子・孫がまったくいない場合のみです。親などの近い者が優先的に相続人になります。

兄弟姉妹:被相続人(亡くなった方)に子も孫も直系尊属もいない場合は、相続人になります。

 

配偶者はまず相続人になります。そのがいない場合、直系尊属に相続人としての権利が生じます。

直系尊属が、死亡している場合は、兄弟姉妹に相続人としての権利が生じます。(配偶者がいない場合も同じです)

▲このページのトップに戻る