相続について

相続
 

遺言

 
相続放棄
         
   

相続とは亡くなった方の財産を、配偶者、子供・兄弟などが引き継ぐことです。不動産を相続した場合は、法務局に手続き(登記)をする必要があります。  

 

遺言はあなたの最後の意思表示・メッセージです。残された方にトラブルの種を残さないために遺言書の作成をお勧めいたします。

 

借金・債務など負の財産が判ったら、相続をしたくない場合、全ての相続を放棄することができます。

        詳しくはこちら               詳しくはこちら              詳しくはこちら

    

▲このページのトップに戻る